ホームご相談・ご質問

債務整理の方法その2:民事再生手続きの流れ・費用

○民事再生手続きの流れ

1.地方裁判所への申し立て・・・この時点では各債権者は申立人への取立てができなくなります。


2.再生手続き開始決定・・・申し立てが用件を満たし、書類に不備がなければ開始決定となります。


3.債権額の確定・・・債権額に異議がある場合は異議を述べることができます。


4.再生計画案作成・・・申立人は今後の支払い方を定めた再生計画案を作成します。


5.書面決議または意見聴取・・・給与所得等再生手続きでは書面決議はありません


6.再生計画の認可・・・裁判所が認可の決定をし、それが確定することにより手続きが終了します。


7.返済開始・・・再生計画に従って債権者へ返済を開始します。

○民事再生手続きの費用

個人民事再生の費用は他の債務整理と比べても一番高いのが実情です。

まず、申立手数料として収入印紙が1万円かかり、予納金が1万2000円程度かかります。

さらに、裁判所によっては個人再生委員を選出する必要があり、その報酬として20万円程度かかる場合があります。

なお、個人再生委員が選任されるかどうかは裁判所によって異なります。

また、裁判所によっては弁護士・司法書士が関与した申立ての場合には個人再生委員が選任されない場合もありますので事前に問い合わせておくのがいいでしょう。

また、個人民事再生手続きは債務整理手続きの中でも一番難しいので通常は弁護士・司法書士に依頼することになると思いますが、その場合は別途報酬がかかります。

報酬は事務所ごとによって多少違いはあると思いますが、弁護士であれば30万円〜60万円、司法書士であれば20万円〜30万円程度だと思われます。

個人民事再生を弁護士・司法書士に依頼する場合には事前に料金や分割払いの可否を問い合わせておくのがいいでしょう。

  • トップ
  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県|
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県|
  • 茨城県|
  • 栃木県|
  • 群馬県|
  • 埼玉県|
  • 千葉県|
  • 東京都|
  • 神奈川県|
  • 新潟県|
  • 富山県|
  • 石川県|
  • 福井県|
  • 山梨県|
  • 長野県|
  • 岐阜県|
  • 静岡県|
  • 愛知県|
  • 三重県|
  • 滋賀県|
  • 京都府|
  • 大阪府|
  • 兵庫県|
  • 奈良県|
  • 和歌山県|
  • 鳥取県|
  • 島根県|
  • 岡山県|
  • 広島県|
  • 山口県|
  • 徳島県|
  • 香川県|
  • 愛媛県|
  • 高知県|
  • 福岡県|
  • 佐賀県|
  • 長崎県|
  • 熊本県|
  • 大分県|
  • 宮崎県|
  • 鹿児島県|
  • 沖縄県|
  • 相互リンク募集!!