ホームご相談・ご質問

債務整理の方法その4:任意整理のデメリット

○任意整理のデメリット1:

任意整理では、減額は利息の引きなおしが中心であり、借金の元金自体はカットされないので、毎月の支払額は、民事再生手続きほどは減額されません。

毎月一定額の返済にあてる金額を捻出できないような場合だと、任意整理によることは困難といえるでしょう。


裁判所の関与しない私的な債務整理方法であるため、同じ債務条件であっても依頼した法律専門家によって結果が変わる可能性があります。

場合によっては債権者側に有利な条件による和解となったり、和解が不成立となることもあり得ます。

○任意整理のデメリット2:

個人信用情報機関に登録されますので、今後7年間は借り入れ等が出来なくなってしまいます。もっとも、このことは、他の債務整理の方法によった場合でも同様なので、やむを得ないこととして受けいれざるを得ないといえるでしょう。

  • トップ
  • 北海道|
  • 青森県|
  • 岩手県|
  • 宮城県|
  • 秋田県|
  • 山形県|
  • 福島県|
  • 茨城県|
  • 栃木県|
  • 群馬県|
  • 埼玉県|
  • 千葉県|
  • 東京都|
  • 神奈川県|
  • 新潟県|
  • 富山県|
  • 石川県|
  • 福井県|
  • 山梨県|
  • 長野県|
  • 岐阜県|
  • 静岡県|
  • 愛知県|
  • 三重県|
  • 滋賀県|
  • 京都府|
  • 大阪府|
  • 兵庫県|
  • 奈良県|
  • 和歌山県|
  • 鳥取県|
  • 島根県|
  • 岡山県|
  • 広島県|
  • 山口県|
  • 徳島県|
  • 香川県|
  • 愛媛県|
  • 高知県|
  • 福岡県|
  • 佐賀県|
  • 長崎県|
  • 熊本県|
  • 大分県|
  • 宮崎県|
  • 鹿児島県|
  • 沖縄県|
  • 相互リンク募集!!